毎日「保育士になって良かった」と思える瞬間がたくさん

日々の保育の一瞬一瞬に、発見や感動があって毎日が楽しく、園内には笑いが絶えません!プライベートで嫌なことがあったり、保育のことで落ち込んだりしていても、子供たちと接していると、自然と気持ちが切り替わっていたり…。子供のパワーって凄いなって思いますね。

「運命を感じた!」という職員が浜山福祉会には多いみたいです。実際に勤めてからも「ここに決めて、良かった」と思う毎日。ここでは人も木も虫も動物たちも、あらゆるものがみんな仲間です。そんな環境で子供たちの「根っこ」になる部分を育みたいと思い、日々がんばっています。
毎年職員で山登りしてますっ!

園長より
「人が人を育てる」なんと偉大なことでしょう。しかも親でもない保育士等の人々がです。しかし、試行錯誤の懸命な日々の中で、ある日突然—子供と自分が「カチャ」とかみあう一瞬―が訪れます。これは自分自身の人生に大きく関わり、愛情とか優しさとか、人としての奥深さ、そういったものに繋がっていきます。「カチャ」は熱い思いでこの仕事に情熱を注いでいるからこそ、天が授けてくれる最大のプレゼントではないでしょうか。
職員より
保育士は子供が好きなだけではできないと言われますが、実はこのことがとても重要です。子供たちを大切に思う心が保育の深みと保育への責任力や子供への優しさを生み出していくのだと思います。自分自身のやる気が人間性や専門性を磨いてくれます。情熱と優しく強い心を持って保育と子供たちへ向かっていってほしいと思います。
私たちは新しい仲間を待っています。
今年度から1歳児クラスの主担任となり不安でいっぱいでしたが、分からない事、困った事があると、先輩の先生方が優しく丁寧に教えてくださって、安心して仕事に取り組めています。
「お姉さん制度」があるのも魅力の1つです。新人の先生には必ず「お姉さん先生」がついて、サポートしてくれます。私が1年目だった頃、分からない事、慣れない事だらけで不安でしたが、お姉さん先生の村上先生がいつも気にかけてくださって、とても安心したのを覚えています。今でも、気軽に相談に乗ってもらえるのでとても心強いです。安心して働ける環境がある職場で、大好きな子供たちの笑顔が見られるよう、これからも頑張っていきたいです。
浜山福祉会へ入職した一番最初のきっかけは、HPを見て、様々な特色のある保育に心が惹かれました。実際に見学に行き、緑が多く、職場の雰囲気もとても温かく、すぐに採用試験を受けることを決めました。園舎も新しくなり、明るく、広く、快適な空間となりました。
のびのびと身体を動かしたり、自然に触れたりしながら、日々成長していく子供たちと一緒に過ごすことがとても嬉しく充実しています。
3年目としての自覚と責任を持ち、子供ひとりひとりの気持ちに寄り添っていける保育士になれるよう頑張りたいです。
夢だった保育士になって3年目になります。まだまだ修行中ではありますが、先輩の先生方に沢山助けて頂きながら楽しく仕事に取り組んでいます。今年は助けて頂くばかりではなく、周りをよく見て行動し、目配り気配りできる社会人へなっていきたいです。
保育園では様々な活動を行っています。私が特に感動したものは、4,5歳児が行っている相撲です。本気でぶつかり、本気で勝負する姿には胸が熱くなります。
そんな子供たちに負けないように、全力で毎日を過ごし共に成長できるように努力していきたいです。子供たちも保育士もみんなが笑顔、しっかり成長、とてもいい環境で働いています。
保育士として働き始めて2年目になりました。まだまだ未熟で不安もありますが、1年目に比べて任せてもらえることが増え、やりがいを感じながら毎日楽しく働いています。
先輩の先生方は、保育についての疑問から日常の素朴な疑問まで優しく丁寧に答えてくださるのでとても働きやすいです。
また、保育園の魅力のひとつが緑豊かな環境と美しい園舎です。沢山の自然に触れ、季節を感じながら子供たちが笑顔溢れる保育ができるよう、向上心を持って頑張っていきたいと思っています。
私は大学に入り教員免許を取得したのですが、幼いころからの夢が諦めきれず、保育の道に進もうと決意しました。
保育実習の際に、就職するのであれば浜山福祉会でお世話になりたいと思いました。
実際に就職してからは、園長先生はじめ、先輩職員の方々から常に気にかけて頂き、温かい言葉をかけて頂いたり、話を親身に聞いて頂いたりと、とても働きやすい環境で、やっぱり浜山福祉会に入って本当に良かったと感じています。
子供たちと過ごすことはもちろん楽しいですが、いろんな職員の方々とお話しすることも楽しみながら充実した毎日を送っています。
明るく温かみのある園舎と、自然豊かな環境に惹かれて採用試験を受けることを決めました。
4月から社会人としての生活が始まり不安もありましたが、先輩の先生方に丁寧に教えて頂き、楽しく充実した毎日を送っています。
浜山福祉会には「お姉さん制度」というものがあり、先輩が新人のお姉さんになり、保育のことはもちろん、社会人としてのマナーも教えてもらえるので、人として大きく成長できる職場です。ちなみに、私のお姉さんは樋野先生です。
保育士として、子供からの発信を見逃さないよう愛情いっぱい丁寧な保育を心がけていきたいです。
ちょっと職員の自慢話
自慢その12016しまね景観賞
「浜山保育園」が優秀賞を受賞!!

とてもオシャレな園舎です。見学もOKです!!

自慢その2こだわりの食材で「おいし〜い給食」

浜山福祉会は何事にも「こだわり」を持っています。その中でも一番のこだわりは「給食」。無添加・無農薬にこだわった食材を使用している給食はどれも絶品!保育士には「元気」が必須!そのためにも、この給食を残さず食べて毎日の保育をがんばっています。
浜山保育園、浜山あおい保育園では、H26年10月から完全無農薬米を100%導入しています。

自慢その3みんなで真剣勝負!!「子供相撲」

浜山保育園・あおい保育園では保育の中に「相撲」を取り入れています。「相撲」を取り入れている目的は、主に以下の二点です。
①心身ともに強い子供の育成
②相撲を通じての礼儀作法の習得
「相撲」は強ければよい、勝てばよいという荒っぽいスポーツではありません。日本の国技に指定されているように、「心・技・体」(しんぎたい)が大切に位置づけられている素晴らしい武道です。大相撲を象徴する横綱は強いだけではダメです。相手を思いやる心や品格が問われる存在なのです。
私たちは「相撲道」を通じて子供たちの「心・技・体」を高めたいと考えています。

保育の特徴

相撲マーチングエリア保育NOメディア絵本躾(しつけ)

平成30年度 秋期採用試験(保育士)

採用試験日時

●第1回 10月14日(土)9:30~ 会場/浜山保育園
●第2回 10月21日(土)9:30~ 会場/浜山保育園
●第3回 11月11日(土)9:30~ 会場/浜山保育園
[受験希望者で上記日時でどうしても都合のつかない方は連絡をください。]
見学に来てから採用試験を受けたい方は遠慮なくお電話ください。
募集人員(1名)が決定した場合、受験希望をお断りする場合がありますのでご了承願います。

お申し込み方法

受験希望の方は「電話」にてお申し込みください。(見学もどうぞ)
【必須事項】①学校名②名前③ケイタイ番号④受験希望日

【申込先】浜山保育園 〒693-0054 出雲市浜町90-1 TEL:0853-22-1612
※9:00〜16:00までの間に浜山保育園の人事担当者(若林・北村・中島)まで連絡をお願いします。